読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょっと・・・ボヤいていいですか?

オヤジのボヤキを聞いてください。

問題はバス会社なのか?旅行会社なのか? ~軽井沢スキーバス転落事故~

f:id:kuruwa2002:20160118150956j:plain



1月15日に長野県軽井沢町で起きた大型バス事故。
運転手2人を含む14人が死亡、26人が重軽傷を負う
大惨事となった訳だが、警察やマスコミの発表を
見る限り、バス会社のルート変更が事故の要因の
ひとつであると指摘されている。
 
国土交通省の調べにおいても、当初の運行指示書には
道中のツー路が記載されていない事や点呼簿のずさんな
管理など、法令違反が相次いで見つかっているようだ。
 
ここまでの情報を見れば、バス会社の過失が事故の
大きな要因になったであろう事は、多くの方が
感じると思う。
 
しかし、私はこの意見自体に大きな違和感を抱かずには
いれないのである。
 

f:id:kuruwa2002:20160118151030j:plain

 
まず旅行の工程を作成するのは、旅行会社であって
バス会社ではない。そして旅行を企画した旅行会社から
金額提示を受けバス会社は仕事を受注する訳だ。
 
当然 そこには「元請け」旅行会社、「下請け」バス会社と
いう構図があり、少々無理な金額を提示されても、断れば
次の仕事も声を掛けてもらえなくなるという「下請け」側の
心情もあり受けざる負えない。
 
国土交通省は、安全確保のため貸し切りバスの運賃の基準額を
設定するよう制度を改定したが、今回もその基準額の下限を
8万円も下回る額で受注していたという事実があるのだ。
 
ルールは決めたが、バレなければいい
 
発注する側のこういった思惑が、不毛な過当競争を生み出して
しまうということを我々は肝に銘じなくてはなるまい。
 
消費者にとって「安い」は、確かに大きな魅力であると
思うのだが、その価格は自分の命の対価に合わせて
見合うほど安いのかを今一度考える必要があるといえよう。
 
今回の事故の加害者である旅行会社もバス会社も
我々の過剰な欲求が生み出した産物であるのだから、
どこかひとつに事故の理由や責任を押し付けるのは
少し違うような気がしてならないのだが・・・