読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょっと・・・ボヤいていいですか?

オヤジのボヤキを聞いてください。

【旭化成建材 杭データ改ざん事件】本当に3040件だけか?あるゼネコン関係者の杞憂

f:id:kuruwa2002:20151030162547j:plain

 

昨日、記事をUPした旭化成建材の調査依頼書の件で、
某ゼネコンに勤務する友人と話をしていたのだが、
非常に興味深い話を聞いたので、少し紹介しよう。
 
 現在、旭化成建材国土交通省から指示されている
過去10年間の旭化成建材が施工した杭工事の件数が
3040件となっているが、これはデータの改ざんが疑わしい
工事の件数ではないとの事。
 
 どういうことか?というと、法律や社内規則などによって
文章やデータの保管年数をだいたいどのメーカーも10年間と
区切っているようだ。
 
 だから、10年以上前の工事が安全だということは、
まったくなく、調査をしないのは、記録が無いために
出来ない・・・物理的に不可能だから騒ぎにならないだけ
との事。
旭化成が杭の生産施工を始めたのが、昭和49年からなので、
調査対象外の30年間分の工事も怪しいものだというのだ。
 

 


 それに、今回問題の発端になった「パークシティLaLa横浜」の
杭工事の施工管理者だが、これだけの本数のある杭工事で
あることなどから、頼りない社員などではなく、旭化成建材
中でもある程度出来ると評価される社員であった事は容易に
推測できるだけに、この施工管理者だけが行ったことではなく
全社的にこの程度のデータ改ざんは行われていた可能性が
高いと考えられるようだ。
 
 ともすれば、今後の調査次第では、まだまだ問題になりそうな
建物が出てきそうだ。
 
 最後に彼が言った事が、非常にショッキングであったのだが、
「データの転用なんて、旭化成建材に限らず、どこの杭工事業
でも行っているよ」との一言。
 
 この騒動は、日本の建設業界を揺るがす騒ぎの前兆に過ぎないのか?