読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょっと・・・ボヤいていいですか?

オヤジのボヤキを聞いてください。

【山口組 分裂騒動】追い詰められた6代目・・・ここからの反撃は?

f:id:kuruwa2002:20151114135514j:plain


本来は山口組創立百年のお目出度い内容で
飾る予定としていたのですが、本年の八月に
起こりました出来事から述べなくては残念で
なりません。
この出来事は私達山口組組員にとりまして
青天の霹靂というものでありました。そして
当然の事ながら社会の不安を煽り、また
「全国の任侠界」の皆様方 関係各位に多大
なる御心配、御迷惑をおかけした事を深く
陳謝致し、それと共に深く心を傷つけられた
親分に対し、執行部の代表としてこの様な
事態を招いた 我々の不甲斐なさを先ずは
心よりお詫びするものであります。
 
 一連の騒動を起こしました不心得者につき
ましては山口組よりすでに処分が下されている
事は周知の事であります。この者達の行いは
義理人情を道標として 任侠道を歩まれている、
全国任侠界の皆様も「盃と男の誓い」の軽さ
にさぞ驚かれた事と思います。この者達が
行った行為は己の言い分を正当化する為、
「山口組総本部が他県に移転する」
「次の代紋頭まで決定している」
「山口組に所属する若者には夢や希望は皆無だ」
等々と主張、流言を似て
人心を惑わせ、 卑怯にも親分に対して休み入る
前日「休みを頂き有難うございます」と組員の
先頭に立ち頭を揃えて挨拶を述べました。
その時、彼らが心の中に何を思いながらその
所作ができたのか不思議でなりません。

 一部の者は責任ある立場にあり、六代目
山口組の政治を行った張本人でありながら、
任侠道における大罪、逆縁を犯してまで、
何を言いたかったのか何がしたかったのか、
万に一つ言い分があるとしたならば、
なぜ内に留まり身を切る覚悟で改革をしな
かったのか、それが只の一度も自らの意見を
親分に進言することもなく、自らの責任を
放棄し、己の行動こそが大儀だとの詭弁を
もって配下組員に説明したと聞き及んでいます。

そして彼らの中の年長者は、渡世の掟を熟知し、
任侠界に半生以上の 歳月を捧げて来た者では
ないか、であるならば『盃』の重さは十分理解
しているはずであり、そうであるにも拘わらず
我々任侠組織の根本である『盃』を蔑ろにする
と云う事は任侠界自体を冒涜するものであり、
我々任侠社会の『盃』というもの完全否定する
ものであります山口組は家族です。

処分された者の若者に責任など何一つありません。
軽挙妄動は慎み組員の皆様で兄弟分・知り合い等
あらゆる縁を以って彼らに説明し、家に帰るよう
に説得してほしいと思います。山菱の下、
親分と我々そして彼らは一つの家族なのです。

大きな懐を開けて彼らを待ちましょう私を始めと
する執行部一同は新たな改革に取り組み、皆様の
先頭に立ち、今日までの反省と、決意と覚悟を
新たにしております 事を紙面より家族である
「全山口組組員」の皆様に伝え山口組新報
第八号の巻頭言と致します。
 
橋本統括長 山口組新報寄稿文週刊実話より)
 
今、6代目山口組の直参といわれる直系の組織が、
神戸側の切り崩しにあい、壊滅寸前にある組が
多数出ていると聞く。
分裂当初の組織表はもうなんの役にも立たない
ほどだという。
 
先日の山口組の定例会にて配布された組報には、
橋本統括長の名で、上記の檄文が配布されたと
聞くが、実際は瀬戸際の状態のようだ。
 
警察関係者も戸山口組有利というのは、動かない
事実であると断言するように、本当の正念場が
きたようだ。
 
ここまで相当な事でもない限り音はしないだろうと
このブログにも書いてきたが、これで6代目側は
動かざるおえない状況となった。今後一般人を
巻き込んだ抗争も十分に考えられる。
 
動く6代目に、動かさず潰す神戸。
 
どちらに風は向くのか・・・今後に目が離せなくなった。