読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょっと・・・ボヤいていいですか?

オヤジのボヤキを聞いてください。

民進党 蓮舫代表にスキャンダル?

f:id:kuruwa2002:20161101114239j:plain

ごっつい久々のボヤきになりますが、

皆さん お元気にされてましたか?

私は・・・一応 生きてますよ(笑

 

急にバタバタとなりブログの方が疎かになり

ホンマすんまへん。

 

ところで、ブログを更新していなかった間に

世間では色んな出来事がありましたなあ?

 

最近 ひとつ気になったことがありまして、

民進党の代表になった蓮舫女史。

彼女に大スキャンダルがあるとかないとか・・・

 

 

 

まあね 民進党の代表選の最中から

二重国籍問題で騒がれてましたから叩けば埃が

出るくらいは仕方がない。

 

ましてや民進党の前身である民主党の幹部も

それはずっと前から知っていたことでもあります。

 

民進党の代表選の対抗馬であった前原氏が

オフレコで語ったところによれば、実は

管直人首相時代に蓮舫氏が二重国籍であることは

外交ルートから確認していたとのこと。

ところが、この事実を首相官邸が隠蔽し握りつぶしていたという。

 

ここまでいくとこれは蓮舫氏だけの問題ではなく、民進党もとい旧民主党全体の

責任問題であるといえよう。

 

しかし・・・今 話題の大スキャンダルとは・・・そんな事が

小さいと思えるくらいの破壊力のようだ。

 

蓮舫氏の政治家辞職に留まらず、民進党が吹っ飛ぶくらいの話と聞く。

 

今 マスコミ各社が裏獲りに走り回っているようなので、近々

大スクープとしてどこかが出してくるのではないであろうか?

 

私の知る限り今言えることは・・・

 

蓮舫女史は、台湾の総統選挙の選挙権があった。ということと

選挙投票日に台湾にいた。ということ。

 

これ以外の話は、まだ噂のレベルでしかないので、

またこのブログでおいおいと・・・

  

【民主党と維新の党 合流へ最終調整へ】看板を架け替えてみたところで・・・ねえ

f:id:kuruwa2002:20160223172722j:plain


民主と維新 党名変更し合流で最終調整

民主党維新の党の執行部は、夏の参議院選挙に向けた両党の連携を巡り、民主党の党名などを変更したうえで、維新の党の議員が民主党に参加する形で、両党が合流する方向で最終的な調整に入りました。

民主党維新の党は、夏の参議院選挙に向けて合流の可能性を探るため、岡田代表松野代表が調整を続けていて、維新の党が両党の解党による新党の結成を求めているのに対し、民主党は解党には応じられないとして、平行線が続いていました。

こうしたなか、民主党は23日午前、岡田代表枝野幹事長ら幹部による会合を開き、参議院選挙で自民・公明両党に対抗するためにも、両党の合流を最優先すべきだという認識で一致しました。
そのうえで、岡田氏は「3月中に新しい党を作りたい」と述べ、解党はしないものの、党名や綱領などを変更したうえで、維新の党の議員が民主党に参加する形で合流する方向で調整に入ることを確認しました。

一方、維新の党の執行部も、民主党が党名などの変更に応じるならば、両党の解党による新党結成にはこだわらず、民主党に参加する形での合流に応じる方針で、松野代表は23日に開かれた党の執行役員会で「全く新しい党名の、新しい形の新党を作ろうということでお諮りしたい」と述べ、最終調整を進める考えを示しました。

ただ、民主党内では、ベテラン議員を中心に党名の変更に慎重な意見があるほか、維新の党内では、江田前代表ら旧結いの党出身の議員らが両党が解党して新党を結成すべきだと強く主張していることから、両党の執行部は丁寧に意見集約を進める方針です。
(NHKニュースより)

民主党維新の党の合併協議が最終局面に来たようです。

しかしコレって民主党にそんなに大きな利があるとは
思えないんですけどねえ。

維新の党の所属議員は、
衆議院21名(内小選挙区 2名、比例区 19名)
参議院5名(全て比例区

今夏の参議院の改選議席が比例の4名なので、
民主党の獲得票がこの4議席分は確実に増えなくては
ただただ民主党の改選議員を減らすだけ。

そもそも維新の党自体が、前代表の橋元氏の人気で
票を稼いだようなものだから、民主党にとっては、
後の衆議院選挙にしてもただたんに民主党のお荷物が
増えるだけのような気がしてきますが・・・

さらに維新側が強く求めている党名変更についても
曲がりなりにも時の政権与党を勝ちとった政党が
そんなにあっさり党名変更するってのもどうかと思うの
ですがねえ。

野党統合を殺し文句に、維新の党にゴリ押しを許す
民主党岡田代表の指導力に疑問です。

f:id:kuruwa2002:20160223173311j:plain

消費税増税反対」ひとつとっても
共産党もおおさか維新も「消費税増税ストップ」を
この参議院選挙の公約にすることが決まっていますが、
元々野田政権時に民主党が言い出した「消費税増税
さすがにコレを反対と言ってしまうのは難しいので
出した答えが、「軽減税率撤回なければ消費増税反対」
軽減税率は弱者の負担軽減の為に公明党がゴリ押し
してきたものなので、コレに反対しちゃうとなると、
自民党より悪者になりそうな予感すらします。

安保法制反対にしても、そもそも岡田代表自体が
集団的自衛権肯定派だったはずで、今更反対と
声高に言っても、野合の為の変更といわれても
いたし方が無い。

・・・ってか、この夏の参議院選挙で私の一番の注目は
民主党でも共産党でもなく、ズバリ「社民党」。

改選2議席ですが、党勢の減退著しい今の社民党
ここ最近の国政選挙では比例で1議席獲るのがやっと。
とても2議席を死守する事は難しそうですが、
この改選議席が、吉田党首と福島前党首なだけに
現前党首同士の争いとなることは必至。

f:id:kuruwa2002:20160223173207j:plain

さらに、現在衆参合わせて国会議員数が5名なので
1名でも欠けると政党要件すらクリアできず、
日本社会党から始まり71年の歴史におのずと
幕を引いてしまうことなります。

まあ政党の件は最終的には、無所属議員を引き込んで
クリアしてしまうのでしょうがねえ。

それにしても一時は140人を越える政党だったわけですが、
憲法9条」にこだわり過ぎたあたりからおかしくなっちゃいました。

この国の経済であり、安全保障、それに諸外国との関係など
他の事をほったらかしにしたツケがきたと云わざるえません。

しかも苦し紛れか こんな怪しい人まで公認候補にしちゃってねえ。

f:id:kuruwa2002:20160223173133j:plain

f:id:kuruwa2002:20160223173143j:plain

社民党さん 「憲法9条」だけでは、食ってはいけませんよ!!

 

【清原容疑者だけじゃない!!】野村元投手が投げかける球界薬物汚染の波紋

f:id:kuruwa2002:20160215094054j:plain

まだまだ清原容疑者覚せい剤逮捕報道
納まりません。


巨人時代の同僚で、現役時代の清原に薬物を
提供していたという野村元投手のインタビューが
新聞紙、テレビ等でクローズアップされています。

f:id:kuruwa2002:20160209143707j:plain

 

その中で気になったことが2点。
マスコミの興味は清原容疑者の事だけのようで
華麗にスルーされていますが野村元投手が
薬物に手を染め始めたくだりと、巨人時代に
清原容疑者以外に薬物を使用していた選手について

ここも非常に興味がある部分なので、少し推測を
交えてピックアップしていきましょう。


 ――自身が初めて薬物に手を出したのはいつか


 野村氏:オリックス時代の1996年
いつも春先は鼻炎に悩まされていて、外国人選手C
「鼻炎が飛ぶし肩も軽くなる」と言うから、軽い気持ちで
グリーニーを使った。でも、Cのグリーニーはグアテマラ産の
粗悪品であまり効かない。Cも試合で打ち込まれると
「効かなかった」とグチってた。覚醒剤を初めて使ったのは
オリックス時代の外国人選手DとEが試合前に使っていたとき。
グリーニーより効くというからちょっと試したら、フラフラして
試合に出られる感じじゃなくて…。
だから、覚醒剤には手を出さなかった。 (東スポWeb より引用)

まず野村元投手が薬物を覚えたのが、オリックス時代

野村貴仁オリックス在籍 1991 - 1997)

そして野村元投手にグリーニーを渡したとされる外国人選手C。

インタビュー内の「Cも試合で打ち込まれる」というくだりから
外国人選手Cは、投手であるという事がわかります。

野村元投手が在籍時にオリックスにいた外国人投手は、

ウィリー・フレーザー(オリックス在籍 1996 - 1998)

ただ一人だけ。

 

f:id:kuruwa2002:20160215095602j:plain

この選手から薬物を手に入れたのか?

そして、覚せい剤を使ってたとされる外国人選手DとE

こちらも野村元投手が在籍時にオリックスにいた外国人選手は
4人だけ。

C・D(1997 - 1999)
トロイ・ニール(1995 - 1997・1998途 - 2000途)
ジェームス・ボニチ(1997 - 1998)
D・J(1995 - 1997)

ただし、ジェームス・ボニチ選手とD・J選手は、1997年は
その大半を2軍ですごしているので、

1軍にいたのは、C・D選手トロイ・ニール選手

ちなみにC・Dことクリス・ドネルス選手は、
2007年12月13日に発表されたミッチェル報告書メジャーリーグ選手による
ステロイド及びその他の運動能力向上薬物の違法使用に関して)にて
メジャー時代に薬物をしようしていたとされる選手であり、そのことを
本人も認めています

投打の主力選手が薬物を使用していたのに、他の選手が知らない訳は
ないと思うのですが、オリックス球団はこのことについてダンマリのまま。

そしてもう一つ気になる記事が、


――清原容疑者以外に日本人選手が薬物を使用しているのを見たか


 野村氏:巨人時代に当時若手の有望選手だったAとBはグリーニーを使っていた。
僕は「若いうちからやるな」と言ってたけど、言うこと聞かなかったから2人は
早くにダメになったと思う(ちなみにAは一時、主力として活躍した)。
 (東スポWeb より引用)

清原容疑者以外に元巨人選手で2人は確実に薬物を使用していたとの事です。

この選手が誰なのか?マスコミも深追いしないのは、読売グループだから?

この2選手が誰なのかは・・・おって記事にしていきたいと思います。

日本球界の薬物汚染。

まだまだこの問題、底が深そうです。

高市総務相「電波停止」発言に民主党が猛反発!! では過去の民主党政権時は?

f:id:kuruwa2002:20160210115444j:plain


高市早苗総務相が8日の衆院予算委員会で、電波停止に関し
「行政が何度要請しても、全く改善しない放送局に何の対応も
しないとは約束できない。将来にわたり可能性が全くないとはいえない」と述べた。

 放送法については「単なる倫理規定ではなく法規範性を持つ。
私が在任中に(命令を)出すとは思えないが、事実に照らして、その時の総務相
判断する」とも語った。

放送法174条には、放送事業者が同法に違反した場合、総務相が「放送の業務の
停止を命ずることができる」と明記している。
また、放送法4条では、放送事業者が番組の編集にあたり、
(1)公安及び善良な風俗を害しないこと
(2)政治的に公平であること
(3)報道は事実をまげないですること
(4)意見が対立している問題については、できるだけ多くの角度から論点を明らかにすること  と定めている。

 高市氏はこうした法令をそのまま説明したに過ぎず、菅義偉官房長官も9日の記者会見で「高市氏は当たり前のことを法律に基づいて答弁した」と述べたのだが・・・

f:id:kuruwa2002:20160210115526j:plain


これに猛反発したのが、民主党細野豪志政調会長
9日の記者会見で、高市早苗総務相が政治的公平を定めた放送法の違反を放送局が
繰り返した場合に電波停止を命じる可能性に言及したことについて「放送法の乱用だ。
電波停止に言及した意味は非常に重い」と批判した。

またぞろ朝日新聞もさっそく9日付朝刊の1面で高市氏の発言を批判的に取り上げた。
細野氏も朝日新聞も「安倍晋三政権による放送局への圧力」と訴えたかったようだが、
実は・・・民主党政権こそ、放送局を含むマスコミへの圧力は“十八番”である。

 

過去の一例を振り返ってみよう。

 

野田佳彦政権の松本龍復興担当相は平成23年7月3日、宮城県庁を訪れて
村井嘉浩知事と面会した際、応接室で待たされたとして「お客さんが来るときは
自分が入ってから呼べ。長幼の序が分かっている自衛隊(村井知事がかつて所属していた)ならやるぞ」と発言した。テレビカメラも入った公開の場で「今の部分はオフレコな。書いた社はこれで終わりだから」とマスコミを恫喝した。

 

23年9月2日の野田政権発足に伴い入閣した鉢呂吉雄経済産業相
東京電力福島第1原発事故の現場周辺を「死の町」と表現し、被災地視察後に
記者団に「放射能をうつしてやる」などと発言した。鉢呂氏は10日に辞任した。
これを受け、当時の輿石東幹事長は報道した民放関係者を聴取。
12日の記者会見で「報道のあり方について皆さんも、もう一度考えてもらいたい」と
報道に問題があるとの認識を示し、13日の党代議士会では
「マスコミ対応を含め情報管理に徹底していきたい」と宣言した。

 

 菅直人首相は22年6月8日の就任記者会見で「ややもすれば取材を受けることによって、政権運営が行き詰まる」と述べ、取材を忌避する姿勢をあらわにした。
22年9月7日、尖閣諸島沖縄県石垣市)の領海内に侵入した中国漁船と海上保安庁の巡視船が衝突する事件が発生すると、菅政権は漁船が意図的に衝突してきたことが
明瞭に分かる海保撮影の映像の一般公開をかたくなに拒んだ。

 

菅政権の仙谷由人官房長官は22年11月9日の衆院予算委員会で、自身が持ち込んだ手元の資料を新聞社が撮影、掲載したことを「盗撮だ」と批判した。
しかし撮影は国会の許可を得て行われていた。

 

 24年2月には前原誠司政調会長が、産経新聞が掲載した「言うだけ番長」などの
記事を「ペンの暴力だ」などとして、定例会見への産経新聞記者の出席を拒否した。

 

・・・などなど こうした民主党政権のマスコミに対する圧力は枚挙にいとまがない。

民主党へ一言 「お前が言うな!!」

 

「清原覚せい剤逮捕!!」よりも衝撃的な元メジャーリーガーの現在!!

f:id:kuruwa2002:20160209143615j:plain


清原容疑者の覚せい剤所持・使用容疑での逮捕以降
マスコミの興味は・・・覚せい剤をいつから始めたのか

その答えを知るであろう人物が・・・

プロ野球選手で、2002年にはメジャーリーグ
ミルウォーキー・ブルワーズに入団。
1シーズンだけではあったもののれっきとした
メジャーリーガー

野村貴仁元投手

その人だ。

f:id:kuruwa2002:20160209143707j:plain

1992年オリックスに入団。
1995年のリーグ優勝や翌96年のリーグ優勝・日本一に
貢献。
1998年巨人へトレードで移籍。
ここで前年FAで巨人に移籍した清原容疑者と
チームメートになる。

そんな野村元投手の話によると

・現役時代の覚醒剤使用について「チームメートもみんな知っていた」
・「自分は清原容疑者に対してクスリの仲介的なこともしていた」

野村元投手は、2006年10月、高知市内で覚せい剤取締法違反(使用)容疑で
逮捕された。

「逮捕された後、『オレのこと警察に言っていないよな』と清原容疑者が
電話で聞いてきた」

などなど衝撃的な内容。

もっと衝撃的なのが、野村元投手の現在の風貌。

 

f:id:kuruwa2002:20160209143722j:plain

f:id:kuruwa2002:20160209143734j:plain

f:id:kuruwa2002:20160209143747j:plain

f:id:kuruwa2002:20160209143808j:plain

f:id:kuruwa2002:20160209143822j:plain

もう 昔の輝かしい面影は・・・まったくありません。

これもまた・・・覚せい剤の恐ろしさの一端ではないでしょうか。